助成金を活用して監視カメラ導入|一般家庭での防犯設備

婦人

効果絶大な防犯設備

家と南京錠

マンションに設置する防犯カメラといえば空き巣の証拠映像などをおさえる目的がメイン だと思われがちです。ですがそれ以外にも、空き巣への抑止力や住人のマナー向上など様々な効果が期待できます。

もっと読む

無線式の監視設備

セキュリティカメラ

防犯カメラは優先タイプの製品が多く、大掛かりな工事が必要な設備でしたがワイヤレスタイプの登場によりその問題は解決されました。スマートフォンで遠隔監視ができるのが最大の魅力でしょう。

もっと読む

防犯機能が優れたカメラ

パソコン

一般家庭でも容易に防犯設備が行なえるとして多くの人に利用されているのが防犯カメラですが、更に機能を求めるのであればネットワークカメラが最適です。カメラ内部にコンピューターを搭載しているので多数の機能を使うことができます。

もっと読む

防犯機器の選定ポイント

監視カメラ

一般家庭で監視カメラを購入して設置をしたいが、値段が高いため断念してしまったというケースは多いともいえます。そのように断念してしまった人に活用できるのが、監視カメラの助成金制度です。一般家庭でも防犯対策が行なえるようにと市が取り組み始めた制度で、上手く活用できれば監視カメラの導入費用を2分の1まで補助してくれるのです。さらに機器を維持管理する費用も補助してくれるので非常に助かる制度となっています。詳細な助成金の額は住んでいる地域によって異なるので自分の地域が対象なのか調べてみるのも良いでしょう。
上記のようなお得な制度を利用しつつ、自分の家庭にあった監視カメラを購入するのも非常に大事なポイントとなっています。カメラには画素数というものがあり、この数値が高いほど録画される映像も鮮明になってきます。あまりにも低い画素数の製品を選ぶと人の顔も判断できないので注意が必要です。また、カメラの画素数に対応したレコーダーを合わせて用意しないと録画が正常にできないので覚えておきましょう。2つ目のポイントとしてはレンズ調整を自動で行なってくれる製品を選ぶということです。監視カメラの中にはレンズが固定されている製品もがありますが、距離や角度に応じたピント調整を行なうためにはレンズの稼働が必須なのでこれも念頭に置いておくと役立ちます。夜間の利用を考えている場合は赤外線機能が必須となるのでこの機能を搭載した製品を購入するのが大事になってきます。